2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.12.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
国境無き世界。/TETSURO

07/19
dario、二度目のスタジオ。大好きなボーカリストを最大限に活かせるか。
リハ後は我が家で呑んで食べて話しは尽きない。

07/22
ひとりスタジオは色々試して中々良い仕上がりで気分良くいつもの高円寺HIGHへ。
RELOADED 21 FILMを途中から。
以前からabout tessを知っていてくれたようです。とても好きな曲がありました。
Hi-5。最近は競演してませんが、最近何度も観てます。琴線に触れる具合が堪らないのです。
三人の密度とか信頼とか情熱が、一体感が、物凄く伝わるのです。
翌日に備え、打上げを我慢して振り切り、帰宅して訃報が。

1992年頃、あるギタリストと知り合い、彼のバンドを観に行きました。
お客さんは数える程でしたが、バンドは圧倒的な力を放っていました。
その後、友人はバンドを脱退し、後任のギタリストは長身からぶら下げた黒のテレキャスターを血が噴き出すくらい掻き鳴らしていました。
恐ろしくクールに、情熱的に。
Thee michelle gun elephant アベフトシさん。
音源は永遠に残り、無数の演者に継承されていきます。
心から御冥福をお祈りします。

07/23
一年振りに再会、ADEBISI SHANK。
大胆かつ緻密な演奏と破格のパフォーマンス、凄い、楽しい。
彼等はどこの国へ行っても堂々とあのステージングなのでしょう。
沢山話しかけてくれて(日本語も沢山習得してました)自分は片言英語で申し訳なくて。
少しでも伝わったかな。
ジャパンツアーに同行していたLITEの皆さんも元気で嬉しかった。
カンズとガチトークしながら帰宅。
御来場の皆さん、ありがとうございました。

about-tetsu

スポンサーサイト


( 2009.07.24 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。