2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
反逆のメロディー。/TETSURO

06/25
15周年の下北沢club Queにて。
本日は、cruyff in the bedroom/wash?
cruyffの音色、メロディ、バンドの密度は飛び抜けていて、いつも希望や幸せを感じさせてくれる。
メンバーそれぞれの人間力、奏でる音は無二の強さ、優しさを感じます。
06/26
寝起きに飛び込んだのはマイケルの訃報。
前日club Queのモニターには奇しくもマイケルのライブ映像が流れていました。
生とか死とか超越して、ショックで、信じられなくて、
ラジカセで『BEAT IT』で兄貴と踊りまくった子供の頃、
ジャクソンファイブ時代からの多くの曲が次々と甦り。
全人類を楽しませてくれたキング・オブ・ポップミュージック。
ネバーランドで安らかに。御冥福をお祈りします。
しかし夕方猛烈に嬉しいメールを頂いて高揚した気持ちでミヤケンとスタジオへ。
新曲を延々繰り返し自分のラインを作る。
夜はいつものHIGHでいつもの仲間と。
FLIP-FLAP、とても可愛い双子、見分けがつかない。会場をキッチリ楽しませるプロフェッショナル。
キュマバロウ、打込み同期に支配されないグルーブ、曲が琴線に触れます。
深夜まで楽しい宴。ミキヤ君のハーブ漬けポークステーキ、高橋画伯の肖像画フェス、
ステージのスクリーンでは去年8月出演時のabout tessライブ映像が。
06/28
about tess集会。
メンバーの力が楽曲となって叫び、暴れ始めました。
東名阪ツアーへ、発ちます。お会い出来る方、楽しみです。

about-tetsu

スポンサーサイト


( 2009.06.29 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL