fc2ブログ
2024.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2024.05.
ゲームをクリアしてアメリカの犬になろう!/RYO

アメリカ軍の公式ネットゲームがあるって事を、今日たまたま知ったのだけど、これって有名なの?
America's Army
http://www.americasarmy.com/

wikiによると
-----------------
America's Army(アメリカズ アーミー,略称:AA)は アメリカ陸軍によって開発されたコンピュータゲームで、ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)である。アメリカ陸軍の広報予算(約22億円)を使い開発され、利用は完全に無料である。

開発の意図としては

新兵をリクルートするための宣伝。
入隊を考えている者への訓練内容の把握用。
と言われている。
-----------------

なんだそうで、臨戦態勢の国はやることがえぐすぎ。
上のページ見た後で日本の自衛官募集ページをみて、なんかほっとした。
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/index.html


ゲームで軍人募集なんて、気が利いてると思う方もいるかも知れないけれど、戦場での殺人率の向上には、モニタ越して凄く効果があるらしく、例えば第二次大戦時の米軍で、臨戦時に発砲命令を受けた兵士の内、実際に発砲したのは10~15%程度だったそうで、人はためらう、人殺しをためらう、お互いに殺される!という状況で8割以上がそれでもためらうそうなのですが、米軍はそれを大変よろしくないと感じたらしく、研究に研究を重ね、兵士のためらいをコントロールし、ベトナム戦争では発砲率が90%に上昇したそうで、でもその代わり、ベトナム戦争って、戦争帰りの兵士のPTSD発症率が飛びぬけてるのだよな、まあそれは置いといて、その、90%まで上昇した理由の一つに、訓練時のゲーム利用というのがあるそうで、ええと、つまりAmerica's Armyって、米軍の宣伝どころか、戦場での人殺し養育をしているわけで、そこまでしないといけないというのは、どうなのか、社会の運営という点で、軍隊外でも人殺しを養育しているというのはどうなのかと、ちょっと思う。


戦場でのためらい率についてはこれとか。

スポンサーサイト




( 2007.10.24 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL