2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
村山槐多と太宰治。/MIYA-KEN

基本は人にある。人の、人による、人のためのナントカ。

今日は諸事情により、都内某所の高層ビルのコンクリートジャングルの狭間のベンチでしばらく安部公房の「砂の女」をベンチで読みながら待機。 待機といえばあれだが。
行き交う人々を少し観察。色んな人がいる。

そして初対面の10歳も違うであろう女子達数十人と二言三言交わす。色んな子がいる。

そう。色んな人がいるんですよ。

1つ思ったのが、色んな人がいるけど基本はあまり変わらないんですよ。人って。おそらく。
何かに気づいているか気づいてないか、ただそれだけの違いだと思うんですよ。

これ以上は難しくなってしまうので考えないようにしようと思います。


スポンサーサイト


( 2007.09.04 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。