2007.12.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008.02.
オルタナティブ・ガーネット。/TETSURO

少し暖かいだけで身体が随分と楽でした。
台東区の、とある路地裏で立ち呑み屋さんに遭遇。
『どれでも一杯100円』的なアバウトな貼り紙。
店の奥でお爺さんがテレビを観たり、通りを眺めたり。
路地をうろつく猫。
昭和テイスト。

一月が終わります。
去年の一月の記憶が鮮明。

about‐Tetsuro

スポンサーサイト

( 2008.01.31 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
デニス・ホッパーの声が…。/TETSURO

録画しておいた『EASY RIDER』を再生したら吹き替えで、正直ひきまして…、中断しました。

ジャッキー・チェンやスタローンの吹き替えなら違和感無いですね。

2008年、未だ一本も映画を観てないなぁ。

about‐Tetsuro


( 2008.01.30 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
形無きものに称号を。/TETSURO

絶対音感のある人っていますね。
蛇口から水滴の落ちる音や、換気扇の音や、足の小指を柱にぶつけた音や、クラクションの音やらの音程を正確に捕えたら世界が拡がる気がします。(白バイのエンジン音は『ファ』です。多分)

さらに、絶対リズム感を獲得したら最強です。

about‐Tetsuro


( 2008.01.29 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
ファイナル・カット。/TETSURO

免許証の更新に行きました。
交通事故の被害者は歩行者がダントツなのです。
歩いてるだけなのに。
予測不可能を予測して危機回避しないと怖い世界です。


スティックの跳ね返る反動を捕えて連打する練習が楽しいです。
かなり、使えます。

about‐Tetsuro


( 2008.01.28 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
歪むギター。/TETSURO

cruyff in the bedroomを観て来ました。
大好きです。
しかも家の近所のハコで。

歩いてライブに行けるって気持ち良いです。

GRIPも観ました。
男気全開でかっこよかったです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.27 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
カシミヤ。/TETSURO

お医者さんにとって最高の瞬間は、元気に退院する患者さんを見送る時なのかな。
人を幸せに出来たら幸せですよね。

部屋の中でマフラーを巻いてます。
以前、首を痛めてレントゲンを撮った時、普通の人より首の骨がひとつ多いと判明。だから少し首が長いのです。

体調崩してる人、多いです。
旬の美味しいもの、食べたいです。

明日はやる事がいっぱい。
早く寝ないと。

about‐Tetsuro


( 2008.01.26 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
カルテット。/TETSURO

楓@下北沢440。
とても雰囲気の良いハコ、居心地最高です。

新たな弦楽四重奏を迎えて。
弦と歌に集中しました。

集中したので今は抜け殻です。
今日一日を楽しみました。

あ、今日は珍しくウォッカを一杯ひっかけて演奏しました。
たまには良いなー。

about‐Tetsuro


( 2008.01.25 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
生還。/TETSURO

寒いというより痛い雪と雨でした。

ピアニスト、オスカー・ピーターソンが昨年クリスマス前に亡くなったと知りました。
数十年前、無名の秋吉敏子を銀座のクラブで発掘。
世界デビューさせたというエピソードも知りました。

明日はライブ。

BGM『氷の世界/井上陽水』

about‐Tetsuro


( 2008.01.24 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
あれから一年。/TETSURO

無事故達成しました。
本当に早いもので。
何が起こるかわからない日々です。
あの日も寒かった。

24日は楓ライブ@下北沢440です。

猫を腕枕して寝ます。

about‐Tetsuro


( 2008.01.23 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
楓・リハーサル。/TETSURO

約3か月振りに演奏しました。
ノンストップ、集中しました。
反省だらけです。
落ちてます。
楽しいです。

練習しないと。

about‐Tetsuro


( 2008.01.22 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
終わりがあるから美しい。/TETSURO

下北沢251にて。
oozeを観ました。
良い曲、凄い声。
良い気分です。

明日の東京は雪予報。

about‐Tetsuro


( 2008.01.21 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
寒い、星が綺麗。/TETSURO

昨夜、またしても座ったまま寝てました。気付いたら明け方。
うーん、ちょっと怖い。

昼間は新宿MARZ&Motionへ。挨拶を交わし、リハーサルを観たり。

その後新宿西口電脳街へ。
オーディオショップは大好きなのですが、PCショップは喧騒にやられちゃいます。ハンドマイクとJ・POPとお馴染み店のテーマソングの混沌。
其処で90分、格闘。

夜は髪を切りに。

a little 変化な一日。
未来へ繋がる、一日。

about‐Tetsuro


( 2008.01.20 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
crisis。/TETSURO

気付いたら正座のまま寝てました。

夕焼けの彼方に富士山を見ました。
骨まで凍りました。

凄く良い事を言う人がいます。
語録として出版したいです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.18 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
聖なる河。/TETSURO

インド、ガンジス河ほとりに住む人々は火葬した灰を流す河の水でうがいしたり身体を洗ったり洗濯したりするそうです。

僕も子供の頃、大井川の水を飲んだりした記憶が。
免疫力があったのか。

昨今は寒さに耐える日々です。


about‐Tetsuro


( 2008.01.17 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
テクノポリス。/TETSURO

13歳の時、お年玉をかき集めて手に入れたカセットテープ、『YMO大全集』(1982年発売)、が貸していた友人から郵送されました。

当時3800円の代物です。

これさえ聴いていれば無敵な気持ちになれました。

今も変わりません。

紙ジャケットは朽ち果て、テープも伸び切っています。

about‐Tetsuro


( 2008.01.16 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
the end of the world。/TETSURO

カレン・カーペンターは世界屈指の歌声だと思いますが、世界屈指のドラマーです。
ステージでも叩きながら歌ってたし、レコーディングでも演奏しています。

他界して20余年。
究極の歌うドラマーに学びます。

about‐Tetsuro


( 2008.01.14 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
お祝いメッセージを。/TETSURO

皆さん、ありがとうございます。

底抜けに明るく楽しいベーシスト、ブーツィー・コリンズを聴きました。
70年代のファンク、好きです。

ジョン・レノンの髪の毛が551万円で落札されたそうです。
年末の情報ですが。

そういえば年末年始の番組、何も観なかったな。

映画を観たい欲求全開です。

about‐Tetsuro


( 2008.01.14 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
誕生日。/TETSURO

誕生日を迎えました。

去年の誕生日翌日はabout tessメンバーと共に、スタッフ宅にて祝賀して頂きました。
先月の事のようです。

しかしこの一年間、かつて味わった事のない日々の連続でした。

皆さん、ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

about‐Tetsuro


( 2008.01.12 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
人生に必要な。/TETSURO

怒っている人に温かいココアを差し上げたら少し穏やかになるでしょうか。
わかりませんが。

無人島に持って行けるのはテレビかラジオ、ひとつ選べと言われたら。
迷ってます。

about‐Tetsuro


( 2008.01.12 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
合唱。/TETSURO

5th dimensionを聴きました。
混声の楽しさ全開です。
主旋律でないパートを聴くのが好きです。
ハモりたい夜です。

が、スネア連打の精度を高める為、左右の音量バランスの練習です。

乾燥する日々で喉が辛いですね。女性はお肌も。
明日の夜から雨予報です。

about‐Tetsuro


( 2008.01.11 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
スピード・マシーン。/TETSURO

ダニー・ハサウェイのライブ音源(1971年)を聴きました。
なんて自然に自由に演奏してるんだろう。

ひとりで音楽を聴ける時間が嬉しいです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.10 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
弾き千切る男。/TETSURO

レコーディング4日目終了しました。

経過報告。
良いです。
と、だけ伝えておきます。
深夜に皆で食事。

寒い事と、一日中動き回ってる事で、異常な食欲です。
元気です。


about‐Tetsuro


( 2008.01.09 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
記録する日々。/TETSURO

レコーディング3日目終了しました。

明日へ引き続きます。

途中経過…、良いです。

とだけ伝えておきます。

about‐Tetsuro


( 2008.01.08 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
静かに過ごす。/TETSURO

年末SWAN SONG COUNCIL vol.9、明けてすぐ帰省、家族に会って、姪っ娘達に会って、兄に会って、東京に戻ってすぐレコーディング2日間。
正月太りと無縁で済みました。
今日はぽっかりと空いた一日です。
明日から再びレコーディングです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.07 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
煌めく為の。/TETSURO

レコーディング2日日終了しました。

引き続きます。

メンバーと最高のエンジニア、男の世界。
楽しいレコーディングです。

未だ年が明けてない感じです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.06 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
難しすぎる。/MIYA-KEN

晴れた朝の中央線沿いの駅のホームからみる景色が好きなんです。

明日も晴れますように。
080103_1651~0001


( 2008.01.05 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
知る。/TETSURO

新年4日目。

レコーディング初日終了しました。

引き続き明日へ。

過去最高に楽しいレコーディングです。

about‐Tetsuro


( 2008.01.05 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
浜松にて。/TETSURO

兄に会いました。
何か伝えようと口を動かします。
少し伝わりました。
『今日は、何日?』
『正月、なのに、悪いね』

長い長い戦いになりそうです。


東京へ帰って来ました。
レコーディングの準備をしています。

about‐Tetsuro


( 2008.01.03 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
なぜかルーツ。/TETSURO

実家にて。
母親が録画しておいた、『エマーソン、レイク&パーマー1970年ライブ』や『ネオ・ビジュアル系 真夏のの宴』みたいな番組を観ています。

自分の親ながら、正直ひきました。

自分の小学生時代の絵日記、目にボールをぶつけて入院した時の級友からの寄せ書き、転校した時貰った寄せ書き、高校時代に作ったライブのフライヤー、聴くに堪えないライブ音源テープ…、たくさん発掘。


about‐Tetsuro


( 2008.01.03 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
about tess脱退いたしました/RYO

男塾



何度か日記に書いたのですが麿赤兒さんがご近所に御住まいのようで半年に一度ほど遭遇していたところ、ここ最近は遭遇率が上昇し、週に一度はお見かけする次第、実写映画化される『魁!!男塾』の江田島平八役とのことなので、銭湯でお見かけした時は「塾長!お湯加減はいかがですか!」居酒屋でお見かけした時は「塾長!ビールは足りてますか!」などと胸の内でひとりごち、愉快犯、罰があたったのか、30日のライブ後に終電で帰宅する途中、あれはなにかの役作りだったのだろうか、薄暗い路地で「眉毛の無い麿赤兒」とすれ違いまして、凄く怖かった。

黒沢清が渋谷系若者映画として監督した『アカルイミライ』で真ん中辺り、オダギリジョーが深夜、アパートの床を外すとなぜか床下にクラゲが居るシーンがありますが、あの映画はもともとそのシーンを転回点として前半はなぜ床下にクラゲが居るのか、後半はそれをみた主人公がどうするかという意図で作られていたそうで、ただ最終的に「床下のクラゲ」に落ち着くまで様々にアイデアがあったらしく、その中の一つが「深夜に主人公が目を覚ますと、アパートの壁が崩れて、そこをクリント・イーストウッドが通り過ぎる」というものだったそうで、それは凄く観たい、観たいけれどそれでは渋谷系若者映画ではなく、死ねフィル系ばか者映画だ。

オダギリジョーならば「床下のクラゲ」などというお洒落なもので人生が変わるのですが、僕ごときは「眉毛の無い麿赤兒」で転回点を迎えます、ということでabout tessを脱退する運びとなりました。

まあ冗談ですが、けれど脱退は本当です。
ラストライブが1/1で残念です、4/1ならばもっと冗談ぽくて良かったのに、いやそれは嘘です、1/1は本当に楽しかった、あの日あそこに居合わせた全ての人に感謝しています。
いやそれも嘘です、本当はいままで応援してくださった全ての方々、直接間接を含めお世話になった全ての方々に感謝しています。
本当にありがとうございました。
これからもabout tessへの変わらぬご支援、ご応援をよろしくお願いいたします。

えーと、あとはなんだ、あれだ。
最後になりましたが、あけましておめでとうございます皆様、今年もよろしくお願いします。


( 2008.01.02 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )