2007.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007.09.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
落ちては昇り。/TETSURO

次回about tessは
9月1日(土)@青山 月見ル君想フ
20:10登場です。

ここ数日、落ちる日々でしたが、上昇の兆しです。

世界陸上、全く観てないのですが、棒高跳びとか、終わってしまったのでしょうか。

about‐Tetsuro


スポンサーサイト

( 2007.08.31 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
総合芸術。/TETSURO

少し涼しいだけで体力の消耗が抑えられます。
湿度に左右される身体と感情。あ、匂いにも。

今更ですが、『KILL BILL vol.Ⅰ』観ました。
ところどころ微妙でしたが、楽しんで観ました。
毎晩映画を観たいです。

about‐Tetsuro


( 2007.08.30 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
完璧な雷雨。/TETSURO

ずぶ濡れになって良い気持ち。

いろんな事の期限が迫っているので緊張する日々です。

甲子園で、静岡県代表が準決勝まで勝ち進んでいた事を試合後に知った時はショックでした。

about‐Tetsuro



( 2007.08.28 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
大後悔時代。/MIYA-KEN

自分のリミックス能力の無さを再確認し、勉強あるのみと言い聞かせた。大変ですよ....生きるのって。

冷静に優先順位をつけてみると2つか3つ位しかないんだけどね。やり方が悪いんでしょうね。

雪まみれになりながらふと思った。


( 2007.08.28 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
歪な夜に。/MIYA-KEN

蒸し暑い夜に肌と肌を寄せ合い。湿った身体が心地よく。
ゆっくりと。重なり合って。体の重さを感じて。薬指は軽く感じて。
一人溺れて行くのかな。


( 2007.08.28 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
報復が報復を生まないように。/TETSURO

立場の弱い人をいじめて喜ぶ人に遭遇してしまいました。
貴重な時間を無駄にしてしまいました。
憎悪は此処で阻止。
自分は楽しく生きる為の努力をします。

about‐Tetsuro



( 2007.08.28 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
放れ見れ自尻/RYO

自尻とかいてジケツと読みますんで、そこんとこシクヨロ!切腹の代わりに尻を出せ、そこはハナから割れてるぜ!脱腸したれ!脱肛したれ!焦り焦りどうしようもない気分には尻を出し見れ、ほうれ特効薬。

それでも落ち着いたところで、なにか素晴らしいことが待っている訳でもなく、明日からに今からに、備えられるというくらいの、それが大事と、それしか結局、体験できるものはないと、そんなことくらいは知っておる、29年間で知っておる、それでも衝動が、体験できるものしか体験できないことを許してくれず、足りん、合致せず、ただただ衝動が、合致しないこの世界を責める、合致しないようにしか世界を構成できていない僕を責める、引き裂かれてばら撒かれて、尻が前よりもずっと見え易くなって、放れ見れ自尻、肛門と踊ってるうちに、やがて風吹けば、皆々様を残してひゅーって。


( 2007.08.27 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
世界に注がれるLIFE BLOOD 。/TETSURO

人を傷つけるのは簡単。

人を楽しませるには努力が要ります。
だから楽しい。

以前も書いた事ですが、親しい人の幸せな姿は、幸せです。

about‐Tetsuro



( 2007.08.27 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
池袋手刀 /KANZ

REDЯUM外さん参加の「どろんこ」と剛さん参加の「AKANBAY」を観に行ってきまーす。他のBANDも期待できるみたいなので楽しみ☆ ニャ―

池袋手刀





( 2007.08.26 ) ( KANZ(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
統制。/TETSURO

高円寺阿波踊り。
ぶらりと好きな連だけ観て帰るつもりが、三時間呑まず食わず立ち尽くし。

完璧に美しい踊りの葵新連、海外進出も果たし高い評価も得た怒濤のお囃子、天水連。
ぼーっとしながら、色々考えながら、百以上の連の中でこの二つの連は空気を変え、異常な熱狂を生むのは何故か。

なんて、明日は呑んで気楽に観ようかな。

about‐Tetsuro



( 2007.08.26 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
嵐を呼ぶ男Ⅱ。/TETSURO

三週間振り位の雨に打たれ。
涼しい朝でした。

夜は軽くアルコールの雨に打たれ。

気持ち的に荒波に揉まれてる感じ、心地良いです。
実際の船乗りさんには失礼ですけど。


about‐Tetsuro



( 2007.08.24 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
太陽の光を浴びて /KANZ

昨日は濃いメンツだったねー!!楽し過ぎました。皆素敵な音出してます、俺も頑張ろ!!ブラジルUFO最高だぜ!!でも最後まで観るか観ないかはあなた次第(笑)で、久々に朝まで呑んじゃいました―。



( 2007.08.23 ) ( KANZ(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
瞳の奥へ /MIYA-KEN

珍しく全然眠れない。
無性にベースを弾きたくなる。全然弾き足りない。
一心不乱に。無我夢中に。
かき鳴らす。
ベースを掻き鳴らす。
掻き鳴らしてるだけだから練習にならなかったけど今夜はこれでいいような気がしたんだ。

改めて昨日motionのライブを観てくれた方、対バンの皆さん、ライブハウススタッフの皆さん及び関係者の皆さん、そして全人類の皆さん、ありがとうございました。


( 2007.08.23 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
全人類。/TETSURO

自分の目指すスタイルに捕われ過ぎていたかも知れない。
世界は広い、自分は無知の領域。

全人類に届くように。

about‐Tetsuro



( 2007.08.23 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
獲得する自由。/TETSURO

年にほんの数回ですが、ステージで演奏中に誰も弾いていない筈の音が聴こえる事があります。
弦楽器かオルガンの様な流れる響き。

about tessは22日@新宿Motion、21時登場予定です。

about‐Tetsuro



( 2007.08.21 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
『楓』参戦初舞台。/TETSURO

about tess 朝まで作業。

帰宅、少し寝て起きて、自転車に機材積み込んで西新宿『白龍館』へ。

レストランで生音で演奏という試み、本番直前まで難航するリハーサル。

極限まで小さな音でうねりを作る。

御来場の方々に感謝を。

さて、白龍館はチャイニーズ・レストランです。
看板メニュー、トマトたんめん、美味しいですよ。
角煮も、蒸した浅蜊も、水餃子も豆腐サラダも冷やしトマトも美味しいですよ。

about‐Tetsuro



( 2007.08.20 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
花と光と深層水 /KANZ

やべ―よ、もう9月っすよ。いや別にやばくはない。今年の抱負は何だったか忘れたな…い―んでないの、皆が幸せなら。俺も多分幸せだし。なんてね。 夢を見たんだ、about tess at 日本武道館のね。



( 2007.08.18 ) ( KANZ(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
裏の世界の住人 /MIYA-KEN

今更なんですが。
BASS..............奥深いっす。やればやるほど。不安になってきました。
でも同時になんか楽しくなってきたっす。
ごちゃごちゃ言わずにやります。
スタスタスタ。

あっ!忘れてた!早く上野へ行かないと。シュラシュシュシュ。

http://www.asahi.com/konpira/





( 2007.08.18 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
狼たちの午後。/TETSURO

レントゲン写真、折れた箇所を包み込むように新しい骨が生まれました。
ほぼ一ヶ月。
今回も御心配いただいた方々、ありがとうございます。

そして、『楓』のリハーサルでした。
音が溶け合ってきて、ゾクッと来る瞬間が。

楓との出会いで視野の狭くなっている自分に気付き、力不足を確認し、ワクワクする話を沢山して、未知の世界が拡がります。

気温40℃の午後。

about‐Tetsuro


( 2007.08.18 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
馬の盆ーッ!/RYO

いったいどこの役立たずな骨、骨、馬鹿Bone!な暑さで盆、踊りたいけど仕事な毎日が海老照りでい!って腐ってます、お元気?

無視しくされても兵役、精液まみれのスクリーンが破れ現れ、襞が開かれていつまでも平気な訳なく泡わわわって蒸し臭い、『裸のランチ』の頃のバロウズってそんなですが、新鮮な海老っぷりがイメージの連関ぷりぷりで好きだけれども、一冊を一気に最後までどっぷりて訳には行かず、ていうかバロウズて、良い箇所は凄く良いのに、実験に走りすぎな箇所はもう、「文章書くの嫌い?」てくらい、親子どんぶりて訳には行かず、苔、実験小説は苔が生えれば良い!て喰らい肉詰まらん。つうかバロウズは良い時期が少なすぎて、ずっとは読めずイケズのいかずGO!系。

実験て大事だし楽しいけれども事件でしかなく、読みたいのは事件の記録でなくて解決する名探偵なのよねって気分と昵懇ぎみで君がYO!

なのでバロウズもバーセルミもジョイスも、読んでもなんだか、すっきりしない面白さが残って、なんだか、これはお洒落なんだとか知的なんだとか、痴ッ!って舌打ち敵だ!みたいなすっきりしなさ、なのだけれど、その好き、利無しな感覚を全部すっきりさせる小説を読んで大変に宝か!高らかに!是は今叫ぶのです、ベクターの『ゴーレム100』最高だった是!

完全なエンタテイメント小説であると同時に完全な実験小説、実験をエンタテイメント小説の手段として完璧に昇華してあるから、文学だなんてうっかり呼ばれず、読後は面白かった!って興奮しか残らず、でもバロウズもバーセルミもジョイスも、さらにマックス・エルンストの『百頭女』までこの娯楽小説には詰まってる、すげええ!ん、キッ!きっと元気です、悲しい事もあるけれども、タクシーで魔女が宅までっつってホースがビーンで盆ーッ!あたしゃやっぱり馬の骨!



( 2007.08.17 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
日常が劇場。/TETSURO

映画『EASY RIDER』冒頭で ピーター・フォンダとデニス・ホッパーがハーレーダビッドソンに跨り走り出す間際に腕時計を捨て去る。
あまりにも映画的で恐ろしく格好良い。

自分は時計無しでは生きられない生活、大型免許も無いのですが…、さあ、明日こそ病院へ、完治を確認出来る筈。


about‐Tetsuro



( 2007.08.17 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
国境に街が生まれる。/TETSURO

ゆやゆよんのNaka-Gさんと相方G-2さん率いる音楽集団『楓』に参加します。

8月19日(日)
19時開演
@『白龍館』
新宿区西新宿6-21-1
アイタウンプラザB1F


http://www.myspace.com/kaedekaede


about‐Tetsuro



( 2007.08.16 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
作曲病。/TAKUTO

取り憑かれたようにギター弾いてます。
曲作りです。

面白い動画見つけました。


( 2007.08.16 ) ( TAKUTO(G) ) ( TRACKBACK:0 )
ファスト!!! /KANZ

先日のREDЯUMは言葉にならなかったね、何度も「これは現実なんだ!!」って。で、次はワンマン……朝まで呑むど―――!! その後そのまま新宿motionにて朝までabout tessミ―ティング。帰宅後数時間の仮眠でmotion入り、でも全然元気でその日は何かが起こりそうな予感がしてました。それは的中…観に来てくれた人だけが得したって事で!!



( 2007.08.15 ) ( KANZ(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
後日談。/TETSURO

先週ロフトにて、レッドラムの次に中村あたるが出演しました。

文字通り釘付け。
リズムに乗って楽しむ、から最も駆け離れた領域。

物凄い声、優雅な語り口調、仕草、振る舞い。
多くの何かを打破していました。

about‐Tetsuro



( 2007.08.15 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
弦を奏でる。/TETSURO

整形外科医院は夏季休業でした。金曜日まで持ち越しです。
世間はお盆なのです。
都心は空いてますね。
各地で最高気温を更新のニュース。

さて、あるバンドの依頼を受けているので今から聴きまくってフレーズを考える作業。

about‐Tetsuro


( 2007.08.13 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
AFTER HONRS /TETSURO

ライブが終わって、ひとりの時間になって、改めてabout tessのセンターバックを務めている事の悦び、責任を思い知って、明日からまた楽しみです。

Lany J Groove 浜田さんとの再会も楽しかった。

で、明日は病院へ行きます。
完治を願って。

about‐Tetsuro


( 2007.08.13 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
ある意味罪です。/MIYA-KEN

考える事を中断した結果そのツケがまわってきて、あたふたして、継続する力も低下して。14歳位からまた始めないと。
どうすればいいのだろうか。こういう時はどうすれば。

とにかくベースを弾こう。


( 2007.08.12 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
降臨。/TETSURO

新宿ロフトで、レッドラム。
休止から一年以上、外さん二年半振りに復帰。

空白が一気に埋まる。

about tessは今から朝まで作業@新宿Motion。
そのままライブです。
21時登場です。

about‐Tetsuro



( 2007.08.11 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
『叫』 基礎風景がデン!/RYO

二千年代後半、現代の心象風景に、黒沢清『叫』を採用します。海。泥。港湾地帯。

本当に大切で一瞬も忘れてはいけない事を忘れてる、忘れさせてもらっているから、どうにかこうにか自分を整えてやっていく事が出来る、過去に押し込めて忘れて許されて、でも、自分を整える事よりもっと大切な事があるから、地盤は緩み、泥と海水が浸食し、港湾地帯は液状化する、女がどろりとやって来る。
その女が、やっとやっと、整った自分を許さないと言ってくれる。

地震で液状化する湾岸地帯、風景は荒涼ともせず豊穣でもなく、自分がただ在らせられる、受動的な存在として在らせられてしまう、この風景に晒されると人はただ在らせられてしまって、泥濘が女、全ての殺人者は自分、大きな大きな、人には不可能なんじゃないかという程の許し、そんな許し無しに自分は存在できず、しかも許されていることを忘れてる、忘れてはいけない事を忘れてるから在れる、思い出せば在らせられる、在れると在らせられるの境界が、この映画に写ってる。

幽霊を、分かり合えず触れられない他者の輪郭を、明確にしたときの安堵と恐怖。僕ではない何かが、はっきりと目の前にいる。遠いのに目の前にいて、これはしっかりと自分ではない。
でも地盤はいつだって緩んでる、自分はいつだって緩んでる、しっかりと自分ではないものが緩んだ地盤から滲み出て、本当にこれは自分でないのか、本当に大切で忘れてはいけない事を思い出させてくれるこれは、なんと名付けたらよいのか。
いつだって緩んだ地盤から幽霊は叫べ、名付け得ない対象、名付け得ない自分、それら名付け得ない状況に、緩んで泥々の状況に、緩んだ自分が重層的に過去も他者も含み含まれ状況そのままになるように、忘れていなくてはならなかった忘れてはいけない何かを、思い出して忘れて、人には不可能な程の許しに気が付ける様に、在れると在らせられるの境界にいつでも晒されてることに気がつくように、もっともっと、緩んだ自分から幽霊は叫べ。


( 2007.08.11 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。