2007.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007.07.
2007.4.30 SWAN SONG COUNCIL

about tess live @ MARZ
曲はsame.another.thingsです。

スポンサーサイト

( 2007.06.29 ) ( about tess live 動画 ) ( TRACKBACK:0 )
BROKEN FLOWERS/MIYA-KEN

真実は簡明なはず。


( 2007.06.29 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
第四楽章。/TETSURO

無理矢理ですが、元気です。
上手くいかない時も、唇の両端に笑みを浮かべて。

大阪で会える皆さん、楽しみにしてます。

数年振りに、BOOWYの『INSTANT LOVE』(1985)を聴きました。確か2ndだったと思うのですが、潔く格好良い。
B‐2、『TEENAGE EMOTION』のサビ、氷室と布袋の絡みがゾクッとします。
この感覚は初めて聴いた高校生の頃と変わらず。


about‐Tetsuro


( 2007.06.29 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
心憎い/KANZ

表現の可能性を大きくするには自分に関わる全てを刺激に変えてその勢いで真摯にBANDの向上を考え模索し続ける。今のabout tessが持っているモチベーションでもっと自由度を広げてバリエーションも多く取り入れ包括できれば自然と方向性も意識も改革していくと思う。大阪2連戦はこれを重点に置いて挑みたいと思います。


( 2007.06.28 ) ( KANZ(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
第三楽章。/TETSURO

暑い時季は辛いものが食欲をそそります。
辛いものを思いっきり食べて刺激を楽しみたいのですが、異常な発汗を怖れて外出先では敬遠。
スパイスを買い揃えて家で、レゲエ、サンバ、インド系を鳴らしてカレーを作ったら楽しそう。

実際問題、自分で設定した締め切りが明後日に迫ってるのでいっぱいいっぱいなのですが。

about‐Tetsuro


( 2007.06.28 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
蒸し暑すぎる。そして一瞬にして-18℃。/MIYA-KEN

凍傷寸前。軽くあの世が見えました。


( 2007.06.28 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
歌う日々。/TETSURO

梅雨らしい日が三日目。
明日は晴れそう。
一説には、今年の夏は50℃近くいくとかいかないとか…。

今週末、大阪2days。
身体がツアーモードに変換し始めています。

昨夜のマイルスとはうって変わって、軽快な2ビートのスウィングジャズ。
小さな子供が踊りだすような楽しい曲。


about‐Tetsuro


( 2007.06.27 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
三木聡監督/TETSURO

図鑑に載ってない虫 図鑑に載ってない虫
三木 聡 (2007/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


『図鑑に載ってない虫』

のプロモーションフィルムを少し観てしまい…、面白そうです。

そして本題、昨夜録画しておいたNHKのマイルス・デイビス特集を観ました。
曲を聴かなくても帝王の発言、ファッション、眼光を観ているだけで襟を正す思いです。


about‐Tetsuro



( 2007.06.26 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
さらに動くabout tess

わりと後半部分です。


( 2007.06.25 ) ( about tess live 動画 ) ( TRACKBACK:0 )
午前二時、溢れる力。/TETSURO

新宿motionで10時間過ごす日。

メンバーで三時間半話して食事して競演者の演奏を楽しんで、最後に20分演奏して。
既に次への想いがメラメラと。

about‐Tetsuro


( 2007.06.25 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
今宵は半月。/TETSURO

あるバンドのスタジオに参加。
正直、about tessのライブより緊張しました。

最初は手も足も出ず、テイクを重ねる毎に溶け出し、歌い手の呼吸を強く意識し、息が合ってくると恐ろしく気持ち良い。

短時間でしたが、鍛えられました。

今まで会話だけだった人、一緒に音を出す事で親密になれるのも嬉しいです。


about‐Tetsuro


( 2007.06.24 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
動くabout tess

随時アップします。


( 2007.06.23 ) ( about tess live 動画 ) ( TRACKBACK:0 )
T‐shirt 。/TETSURO

about tessの新しいTシャツが完成しました。
カラーは各種取り揃えていますが、自分は勿論ピンクです。
バックプリントを大胆にあしらったデザイン、ライブ会場にて是非御覧ください。
24日(日) @新宿モーション。
21時50分登場予定です。

晴れる、と思います。


about‐Tetsuro




( 2007.06.23 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
絶叫のハイウェイ。/TETSURO

表現力を鍛える為にも、人目につかない所で歌ってみたりしてます。高速道路とか。


カラオケ何年やってないだろう?
採点してみたいです。

about‐Tetsuro


( 2007.06.22 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
世界は紫の雨に支配された。/TETSURO

プリンス殿下も御年49歳になられたようで。

10代半ば、リアルタイムでその気持ち悪さと美しさに度肝を抜かれた『Purple Rain』を、いま一度。

Purple Rain (1984 Film) Purple Rain (1984 Film)
Prince & the Revolution (1990/10/25)
Warner Bros.

この商品の詳細を見る


一曲目、『LET'S GO CRAZY』エンディングの意味不明な絶叫あたりで既にクライマックス。


about‐Tetsuro




( 2007.06.21 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
夏の午前9時位の日差しが創る影が好きなんです。/MIYA-KEN

いい天気です。
もう梅雨入りしてんすか?
明日も頑張りますよ!


( 2007.06.20 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
ポケットに夜空。/TETSURO

新宿motionにふらりと寄って。
上坂拓海君、もらんの小原君、The 606 の歌と演奏を楽しんで来ました。
もらんの『ピクニック』が聴けて嬉しかったな。
606は人柄も楽曲も温かく、のんびり聴いていると絶妙なアレンジにドキッとやられます。

蒸し暑い夜、鼻唄混じりで帰宅。

about‐Tetsuro


( 2007.06.20 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
赤兒暦

麿赤兒は家が近所らしくて、ほぼ年に一度遭遇する、前回は銭湯で一緒だったなあ、今年は本日出会いまして、ドトールで気が付くと隣の席。

(麿赤兒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BF%E8%B5%A4%E5%85%90)

学生の頃は小劇場演劇に関わっていたので暗黒舞踊と接触することもたまにあり、というか現在の小劇場は、60年代から70年代にかけて麿赤兒の世代が驚異的な活動をしていた恩恵があるからこそ、今の形で存続しているのだろうな、もしあの世代が無かったとしても自然発生的に現在の小劇場は興っているかもしれないけれど、それはきっと今とは違う形だし、学生の頃の僕がそれに惹かれ積極的に参加する事はなかったと思う。
そして、演劇の経験が無かったとしたら、僕は今映像に関わってはいない。

麿さんはそういう、個人的な形ではなく、歴史的な形で今の僕の恩人なので、話しかけはしない、話しかけないけれども、遭遇するたびに気持ちが改まる、年度も改まる、本日は赤兒暦に更新がかかりまして、気分一新でございました。


images.jpg


( 2007.06.19 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
公園にて/MIYA-KEN

東京の大崎というところと戸越というところの中間に位置する公園で瞑想。

明日も晴れますように。


( 2007.06.19 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
sleepy.about tessleepy.ab/TAKUTO

6/15 新宿Motion
about tess+sleepy.ab 2マン

良い日でした。
終演後はさくさく片付けて1杯だけ皆で乾杯、撤収。
音楽で会話出来た日は特に何も話さないで帰るのが気持ちいいです。
また会う日までお互い元気で。

2man.jpg


( 2007.06.19 ) ( TAKUTO(G) ) ( TRACKBACK:0 )
FOR NO ONE/TETSURO

ポール・マッカートニー65歳のバースデイだそうです。
今から寝るまで聴きまくろう。
いきなり『ABBEY ROAD』B面から。
この時期のポール、恐ろしいまでの作曲能力は何なのでしょう?

解らないから、美しい。


about‐Tetsuro


( 2007.06.19 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
evolute/KAZUYA

貴重な体験の連続だった6月前半のライブを終えて、何よりも関わってくれた全ての皆さんに大感謝です。ありがとうございました。

そして俺はこの土日、嬉しさも不安も希望も絶望も色んな感情や思考が一気に押し寄せて、そのせいで何をしても集中出来ず、結局何ひとつ充実感を味わえないで過ごす。
予想外のトラブルも発生して友達にも迷惑を…。

だから今日は意識してフラットな気分で過ごし、普段出来ない事も少しして。多分、落ち着いたと思います。

また明日から何とかなりそう。

そうだ、今日はチューニングを出来るだけ安定させる為にギターのナットというパーツにちょっとした処置を。少しは効果あるのかも。




evolute




( 2007.06.18 ) ( KAZUYA(G) ) ( TRACKBACK:0 )
中野、路地裏。/TETSURO

異例の飲み会に参加。
普段着ない服を着て。
何だか学生気分。
物凄くリフレッシュしました。楽しかった。
久し振りの事でペースを乱し泡盛にやられましたが。たまには良いなぁ。

気分も乗って歩いて帰宅、我が街は深夜になって更に活気を帯て。

明日からまた頑張れる。


about‐Tetsuro


( 2007.06.18 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
ホログラム。/TETSURO

天高く快晴。

大阪、名古屋の2マンツアーを経て東京3daysの最終日。

about tessでカバーしたsleepy.abの『ホログラム』、当日軽く合わせただけでしたが、迷い無く気持ち良く演奏出来ました。

最後にsleepy.abから田中君、山内君を迎えabout tessの曲で楽しくセッション、のつもりが二人の波動により俄然本気モード、一気にメーターを振り切り。


takutoさん異例のロングトークも楽しんで貰えた事と思います。

ありがとうございました。

乾杯の、なみなみ注がれたジャック・ダニエル(ほぼストレート)、染みる夜。

about‐Tetsuro


( 2007.06.16 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
自由の果て。/TETSURO

ずぶ濡れになって本番前に新宿JAMに到着。
挨拶、談笑、準備、演奏、撤収、再び雨の中へ。
JAM滞在120分。

梅雨入りしましたが、良い気分です。

明日は新宿Motion。
sleepy.abとの楽しい一日。


about‐Tetsuro


( 2007.06.15 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
メリーゴーランド。/TETSURO

RaBiRaBi、school food purnishment、sleepy.ab 最高に素晴らしい演奏でした。
sleepy 山内君とのゆる~いトークで和み、落ち着いてステージへ。


明日は新宿JAM。一晩で腰を修復しないと。

about‐Tetsuro


( 2007.06.14 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
今日は晴れるだろう/MIYA-KEN

とてもいい天気。自信が回復しそう。


( 2007.06.13 ) ( MIYA-KEN(Ba) ) ( TRACKBACK:0 )
希望の歌。/TETSURO

爆音か静寂か、疾走感かゆったり感か、メジャーコードかマイナーコードか、メジャーかインディーズか、歌ものかインストか、関係無く希望の匂いを感じる曲に惹かれるようです。どうやら。

明日は今日より素晴らしい日に出来る、そんな気持ちになれる曲達が身体の中心で鳴り響いてます。

上手く歌えないけれど。

明日から都内3連戦、先ずは渋谷NEST。競演者が最高なんです。


about‐Tetsuro


( 2007.06.13 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
考える力。/TETSURO

考える事は体力の要る事ですね。

久し振りに煙草を吸ったせいか、ツアー明けのせいか、変な症状が出てしまい。

今は元気です。
食欲もあります。ほぼ年中ありますが。

明日も元気で往ける。

about‐Tetsuro


( 2007.06.12 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )
ホーム名古屋。

悪天候の中、多くの人達が足を運んで観に来てくれて嬉しかったです。

とにかく、LITEの演奏が凄かった。息を呑むアレンジ、グサっと刺さる。

そして忙しい中、三日間に渡り演奏もオフステージも存分に楽しんで参加してくれた tronまさと君、ありがとう。

about‐Tetsuro


( 2007.06.10 ) ( TETSURO(Ds) ) ( TRACKBACK:0 )