2017.01.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.03.
Hello Mr. Elizabeth / kazuya

unkieとの2マン、

近くなってきた。

見逃せないですよ。


2月16日はQueへ。


2011年2月16日(水)
"unkie VS about tess"@ Shimokitazawa Club Que(Tokyo)
OPEN 18:30 START 19:00 ADV \2,800 DOOR \3,000(+1d)
ACT;
unkie
about tess

http://www.breast.co.jp/unkie/top.html
http://www.ukproject.com/que/



IMG_0421szed.jpg

スポンサーサイト

( 2011.02.05 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
1130 /KAZUYA


Happy


birthday


to


about tess.



DSC01298_ed.jpg



( 2010.11.30 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
2010.7.14 / Virgin Babylon Records

2010.7.14 / Virgin Babylon Records


( 2010.06.22 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
いよいよ明日は。

いよいよ明日に迫ったSWAN SONG COUNCIL vol.11

明日配るタイムテーブルをアップしますので是非。
事前にプリントアウトするのも良いかもです。

遊びに来られる皆さん!
行ったり来たりで楽しんで下さいね!

sst


( 2009.12.28 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )

いよいよ開催が迫ってきました。
タイムテーブル発表です。
是非とも最初から行ったり来たりで楽しんで頂きたいです。

御予約はお気軽に下記メールまで。

abouttess@gmail.com

about tess+新宿MARZ共同企画 SWAN SONG COUNCIL vol.11
2009年12月29日(火) MARZ+Motion 往来自由

出演about tess / allport diary / ar / caroline rocks / グーミ /
halt / Metro-Ongen / N.E.S.(仙台) / シャムキャッツ /
thai kick murph / TLKY. / 東京カランコロン / weather
前売/当日 ¥2,500/¥3,000/通し券¥5,000(D別:¥500)
時間 17:00/17:30
ローソンチケット(Lコード:73896)

TIME TABLE

29/MARZ

17:00 OPEN
17:30 START

17:30-18:00 1 グーミ
18:20-18:50 2 東京カランコロン   
19:10-19:40 3 ar   
20:00-20:30 4 Metro-Ongen   
20:50-21:20 5 シャムキャッツ   
21:40-22:10 6 N.E.S.   
22:30-23:00 7 about tess

29/Motion

17:00 OPEN
17:55 START

17:55-18:25 1 TLKY.
18:45-19:15 2 caroline rocks
19:35-20:05 3 thai kick murph
20:25-20:55 4 allport diary
21:15-21:45 5 halt
22:05-22:35 6 weather


about tess+新宿MARZ共同企画 SWAN SONG COUNCIL vol.11
2009年12月30日(水) MARZ+Motion 往来自由

出演about tess / AFRICA EMO / ARTLESS NOTE / bronbaba /
clean of core / cryv / the cabs / 3nd / Yucca
direction of the chord / 虚弱。 / sajjanu / the SHUWA
前売/当日 ¥2,500/¥3,000/通し券¥5,000(D別:¥500)
時間 17:00/17:30
ローソンチケット(Lコード:73896)

TIME TABLE

30/MARZ

17:00 OPEN
17:30 START

17:30-18:00 1 sajjanu
18:20-18:50 2 clean of core
19:10-19:40 3 3nd
20:00-20:30 4 cryv
20:50-21:20 5 AFRICA EMO
21:40-22:10 6 the SHUWA
22:30-23:00 7 about tess

30/Motion

17:00 OPEN
17:55 START

17:55-18:25 1 虚弱。
18:45-19:15 2 the cabs
19:35-20:05 3 ARTLESS NOTE
20:25-20:55 4 Yucca
21:15-21:45 5 bronbaba
22:05-22:35 6 direction of the chord


SWAN SONG COUNCIL vol.11
2009年12月31日(木) MARZ+Motion 往来自由

出演about tess/birds melt sky/Far France/ふくろうず/henrytennis/
日の毬/JUGONZ/マヒルノ/oak/ the mornings/mothercoat/
オワリカラ/PILLS EMPIRE/QUATTRO/RECO./SEBASTIAN X/
SuiseiNoboAz / Sorrys!/太平洋不知火楽団
[DJ]弦先誠人(FREE THROW/puke!)/神啓文(FREE THROW/Getting Better)
前売/当日 ¥2,500/¥3,000/通し券¥5,000(D別:¥500)
時間 17:00/17:30
ローソンチケット(Lコード:73896)

TIME TABLE

31/MARZ

17:00 OPEN
17:55 START

17:55-18:25 1 太平洋不知火楽団
18:45-19:15 2 ふくろうず
19:35-20:05 3 Far France
20:25-20:55 4 SEBASTIAN X
21:15-21:45 5 オワリカラ
22:05-22:35 6 マヒルノ
22:55-23:25 7 mothercoat
23:45-00:15 8 SuiseiNoboAz
00:45-01:15 9 QUATTRO
01:45-02:15 10 PILLS EMPIRE
02:45-03:15 11 oak
03:45-04:15 12 about tess

31/Motion

17:00 OPEN
17:30 START
17:30-18:00 1 日の毬
18:20-18:50 2 Sorrys!
19:10-19:40 3 the mornings
20:00-20:30 4 RECO.
20:50-21:20 5 JUGONZ
21:40-22:10 6 birds melt sky
22:30-23:00 7 henrytennis  
23:20-24:00 8 about tess


time table


( 2009.12.15 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
SWAN SONG COUNCIL vol.11 追加バンド、日割り発表。

about tess+新宿MARZ presents"SWAN SONG COUNCIL vol.11"

■名古屋開催
about tess+新宿MARZ共同企画
「SWAN SONG COUNCIL vol.11」supported by CLUB ROCK'N'ROLL
2009/12/4(金)
名古屋 新栄CLUB ROCK'N'ROLL
前売/当日¥2300/¥2500[D別 ¥500]
開場/開演18:00/18:30

出演
about tess / oak / 8otto / カイテイサカナタクサン / Egoistic4Leaves

■大阪開催
about tess+新宿MARZ共同企画
「SWAN SONG COUNCIL vol.11」supported by ROCKETS
2009/12/5(土)
大阪 難波ROCKETS 
前売/当日¥2500/¥3000[D別 ¥500]
開場/開演
(本公演は通常・深夜ぶっ通し開催になります)

出演
about tess / oak / 8otto / mothercoat / kacica /
一番☆狂 / あんよ / tombo / カッパマイナス / PENUMBRA / and more...

■東京開催
2009/12/29(火)~31(木)
東京 新宿MARZ+Motion

前売/当日/3日通し券:¥2,500/¥3,000/¥5,000[D別 ¥500]
開場/開演17:00/17:30
3日通し券早割チケット:¥4,000
(Motionの店頭のみの販売になります)

12/29出演

about tess(http://www.myspace.com/abouttess)
allport diary(http://www.myspace.com/allportdiary)
ar(http://www.myspace.com/ararar)
キャロラインロックス(http://www.myspace.com/carolinerocksms)
グーミ(http://www.myspace.com/goomi678)
halt(http://www.myspace.com/haltmusic)
Metro-Ongen(http://www.myspace.com/metroongen)
N.E.S.(http://www.myspace.com/nesjapan)
thai kick murph(http://www.myspace.com/thaikickmurph)
TLKY.(http://www.myspace.com/tlkytlky)
東京カランコロン(http://www.myspace.com/tokyokarankoron)
weather(http://www.myspace.com/weatherrocks)

and more...

12/30出演

about tess(http://www.myspace.com/abouttess)
AFRICA EMO(http://jp.myspace.com/africaemo)
ARTLESS NOTE(http://www.myspace.com/artlessnote)
bronbaba(http://www.myspace.com/bronbaba)
clean of core(http://jp.myspace.com/cleanofcore)
cryv(http://www.myspace.com/cryv)
direction of the chord(http://www.myspace.com/directionofthechord)
虚弱。(http://www.myspace.com/kyojaku)
sajjanu(http://www.myspace.com/sajjanu)
the SHUWA(http://www.myspace.com/theshuwa)
Yucca(http://www.myspace.com/yuccasounds)

and more...

12/31出演

about tess(http://www.myspace.com/abouttess)
birds melt sky(http://www.myspace.com/birdsmeltsky)
Far France(http://www.myspace.com/ecnarfraf)
ふくろうず(http://www.myspace.com/fukurouzu)
henrytennis(http://www.myspace.com/henrytennisjp)
日の毬(http://www.myspace.com/kouhey0210)
JUGONZ(http://www.myspace.com/jugonz)
mothercoat(http://www.myspace.com/mothercoat69)
oak(http://jp.myspace.com/oakoakoak)
オワリカラ(http://www.myspace.com/owarikara)
QUATTRO(http://www.myspace.com/quattrotheband)
RECO.(http://www.myspace.com/hakureco)
SEBASTIAN X(http://www.myspace.com/sebastianx2008)
Sorrys!(http://www.myspace.com/sorrysxclamation)
SuiseiNoboAz(http://www.myspace.com/suiseinoboaz)
太平洋不知火楽団(http://www.myspace.com/taiheiyousiranui)
the mornings(http://jp.myspace.com/mngs)

and more...


( 2009.10.19 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
about tess脱退いたしました/RYO

男塾



何度か日記に書いたのですが麿赤兒さんがご近所に御住まいのようで半年に一度ほど遭遇していたところ、ここ最近は遭遇率が上昇し、週に一度はお見かけする次第、実写映画化される『魁!!男塾』の江田島平八役とのことなので、銭湯でお見かけした時は「塾長!お湯加減はいかがですか!」居酒屋でお見かけした時は「塾長!ビールは足りてますか!」などと胸の内でひとりごち、愉快犯、罰があたったのか、30日のライブ後に終電で帰宅する途中、あれはなにかの役作りだったのだろうか、薄暗い路地で「眉毛の無い麿赤兒」とすれ違いまして、凄く怖かった。

黒沢清が渋谷系若者映画として監督した『アカルイミライ』で真ん中辺り、オダギリジョーが深夜、アパートの床を外すとなぜか床下にクラゲが居るシーンがありますが、あの映画はもともとそのシーンを転回点として前半はなぜ床下にクラゲが居るのか、後半はそれをみた主人公がどうするかという意図で作られていたそうで、ただ最終的に「床下のクラゲ」に落ち着くまで様々にアイデアがあったらしく、その中の一つが「深夜に主人公が目を覚ますと、アパートの壁が崩れて、そこをクリント・イーストウッドが通り過ぎる」というものだったそうで、それは凄く観たい、観たいけれどそれでは渋谷系若者映画ではなく、死ねフィル系ばか者映画だ。

オダギリジョーならば「床下のクラゲ」などというお洒落なもので人生が変わるのですが、僕ごときは「眉毛の無い麿赤兒」で転回点を迎えます、ということでabout tessを脱退する運びとなりました。

まあ冗談ですが、けれど脱退は本当です。
ラストライブが1/1で残念です、4/1ならばもっと冗談ぽくて良かったのに、いやそれは嘘です、1/1は本当に楽しかった、あの日あそこに居合わせた全ての人に感謝しています。
いやそれも嘘です、本当はいままで応援してくださった全ての方々、直接間接を含めお世話になった全ての方々に感謝しています。
本当にありがとうございました。
これからもabout tessへの変わらぬご支援、ご応援をよろしくお願いいたします。

えーと、あとはなんだ、あれだ。
最後になりましたが、あけましておめでとうございます皆様、今年もよろしくお願いします。


( 2008.01.02 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
いまそこにない危機・ある危機/RYO

googleで少年犯罪と検索すると一番上にこのサイト(http://kangaeru.s59.xrea.com/)が来るようになって数年経つ、だのでとっくにもう皆が皆、「少年の凶悪犯罪はすごい勢いで減ってるんですよ!」て事くらい知っていると思っていたのだけれど、どうやらそうでもないらしく、なんかこう、なんかね、ただのおせっかいというか場違いなんですが、それでもこういう事は誰かが伝えなければいけないんだろうと思い、なにをいまさらという方はごめんなさい、少年犯罪は減っています。

具体的な数値はここ
http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

上記ページみたいな数値の羅列をうまく読み取れない方はこちら
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html



あと、ふっともの凄く不安になったのでこれも貼っておきます。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/

こないだ20歳の子と話してたら、理化の「ABO式」血液型の抗原と抗体についての授業で血液型占いを絡めて「O型の血液は他のどの型とも凝集をおこさないけど、それって血液型占いでO型がおおらかって事と関係がある」などと抜かす教師に教わったらしく、まあ頭の悪い教師なんていつでも居るのだからそこまではよいよ、問題は、その子の周りではどうやら、その教師は覚えやすい教え方をする良い教師だという評価を得ているらしいということだ、大丈夫かその批判力の無さは。今、小中学校でなにが起こってんだ。

もう一回書くけど完全に場違いでごめんなさいよ、けれどもふっと、ほんとに不安になったんです。


( 2007.12.25 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
コミュニケーションなんてろくなもんじゃない/RYO

気がつけば無意識に自分を罰しているものだよ、ばかものだよ、もっと映画を観ても良いのだと、いつのまにか新宿のツタヤをここ8年ほど禁止していたのだなあと唐突に気がつき、箍が外れて幸福感万来、先月からせっせと通っているのです。

観た中で、蔡明亮監督の『西瓜』がありえない程よろしかった。

蔡明亮の映画の登場人物はとても高尚ではない、彼らは長いセンテンスを話せず、質問はできても何かを説明するという事が出来ない、単音節の返事、または返事が無い事で他人と関わるから、発生する不足分は彼らの身体が勝手に補っていく、彼らは常にぼんやりと発情している。

『西瓜』でもやはり、登場人物の高尚で無さは同じで、言葉もなく茫々と発情しているだけの登場人物達は、だからとても、なにも考えず、なんの情熱もなく、ただぼんやりと存在しているだけのように見えるけれど、その印象は、彼らが望む他人を求めるシーンで劇的に変化する。望む他人の身体に指が触れようとする瞬間の狂おしさに、彼らが抱え込んだ孤独が判明する。

彼らは強烈な衝動を持っていてもそれを表現する方法が分らず、欲動を他人と分かち合えない。映画の所々で挿入されるミュージカルシーンは、登場人物と観客の間では、彼らの欲動を理解する為の架け橋となるけれど、登場人物たちの間では欲動が共有されず、登場人物たちの人間関係になんの影響ももたらさない。彼らはお互いに、ミュージカルシーンとして成立する程の強烈な衝動を抱えたまま、それらを誰かと共有したいと切実に渇望したまま、ぼんやりと発情している。

主人公はAV男優で、しかも上記のような発情の仕方をしているから、自分の衝動の表出となってくれない仕事上の交接にうんざりとし、そのうんざりが侵食して、遂には望む他人との交接が欲動の共有へと向かわなくなってしまう。主役の男女はお互いに、打ちのめされるような強烈な孤独感を抱え、強烈な衝動を持ち、共有したいと望む他人がそばに居るのに、どうしてよいのかが分らない。

最後にはきちんと奇跡が起きまして。
衝動は、それ自身のままで他人に差し出すことはできず、もちろん現実世界でミュージカルは発生しないから、どんなに強烈な衝動も、現実にある何物かの形や行為を借りる事でしか他人と分かち合えない。
だから最後に起こる奇跡的なコミュニケーションでは、切実な孤独感が劇的に解消されるけれど、同時に、彼らの内部では強烈で純粋だった衝動が、現実の何物かの形を借りてしまったことで、現実に固定されてしまう。通った瞬間、コミュニケーションが劇的で奇跡的である程、あの衝動が、今まで自分を刺し貫いていた衝動が現実に固定されてしまったというショックは大きく、通ったという感動の中で人は同時に、そのショックに打ちのめされる。

そのようなラストシーンのあの様子、果たされたコミュニケーションの、格子ごしに突き出され顔に触れる指、先端が含まれ、差し出され受け止められ、打ちのめされ茫然のまま身動きもままならないあのろくでもない様子に、僕自身も打ちのめされてしまい、まだありえない程よろしい唖然の中。


( 2007.12.01 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )
木、違い、坂道/RYO

坂道、見上げて空を背景に誰かが立っていると茫となって足が止まる、ややも、そんな癖をもっていると最近気がつき、降りてくれるなと思うけれど、街中の人は大抵が大抵皆用事を持ち、持たないにしてもずっと立ち止まってはおらず、降りてくる、降りてくれば近づき、視線は下がって空は見えず、もうなにもない、ただのすれ違いが起こってお仕舞、すれ違いたい訳ではなく、かといって人ならばそれぞれがそれぞれの按配で動くのはしようがなく、それでも他人が申し分のない様子で現れていたあの瞬間に茫々とし、すべての坂道には案山子を立てろ!坂道は逢魔、境界やらいうけれど、世界が坂道で終わっていてその向こう、未知のなんか、なにやらが立ち昇ってくる、他人が他所から立ち昇ってくる、その瞬間の、自分の世界が破れる可能性の瞬間の、あの他人の有様を、全ての坂道でいつも見たく、欲求、木ではだめで、人の姿かたちをしたモノ、モノとしての人、世界を破って現れてくる他人がこちらの認識に捉われる一瞬前の、男女すら定かでなく立ち昇るあの瞬点のように、案山子、全ての坂道に立っているとよい、よいのになあ。


( 2007.11.07 ) ( 未分類 ) ( TRACKBACK:0 )